中国福彩网,中国福利彩票

图片

グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


大学案内?情報の公開

ホーム >  大学案内?情報の公開 >  学長室から

学長室から




志村 二三夫 学長からのメッセージをお届けします。

中国福彩网,中国福利彩票3年度 入学式式辞

十文字学園女子大学
学長 志村 二三夫


 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。ご家族?保護者の皆様におかれましても、お慶びはひとしおと存じます。心よりお祝い申し上げますとともに、これからの本学へのお力添えをよろしくお願いいたします。
 入学式は本来、ご家族?保護者?来賓の方々と一堂に会した式典ですが、今年度は安全対策のため、分散また遠隔方式となりました。申し訳なく思いつつ、教職員一同、一層の祝意を以て式に臨んでおります。
さて、皆さんの学びは所属学科の授業が中心ですが、今日は、皆さんの夢や希望の実現の道しるべになればと願い、本学の学則や学園歌のことをお伝えします。

 学則は、学びに必要なことがら、本学の目的や使命を定めた規則です。その大切な冒頭で、「十文字学園女子大学は、建学の精神『身をきたへ 心きたへて 世の中に たちてかひある 人と生きなむ』に基づき、???途中省略で???、社会?文化の発展に貢献する人間性豊かな人材を育成することを目的とする」と述べています。
 学則のように、「身をきたへ」から始まる学園歌は、建学の精神の結晶です。十文字中学?高等学校も共通で、短歌形式の、多分、日本一短い校歌です。学則に校歌全体が謳われた例を私はほかに知りません。メロディーも風雅で、誇るべき学園歌です。皆さんもぜひ親しみ、大切にして下さい。
 学園歌は「体と心を鍛錬し、しっかり学び、自立した社会人として、生き甲斐をもち、みんなとなかよく共に生きてゆきます」という学生側の強い意志や願いを表現しています。100年たっても色褪せない、学園創設者十文字こと先生が模範を示した、向上心と鍛錬?努力を大切にする人としての生き方です。鍛錬?努力は辛く厳しいですが、昨日、東京オリンピックのメドレーリレーの代表に内定した競泳の池江璃花子選手は「努力は必ず報われるんだな」と言っています。希望?勇気を与えてくれる言葉で、皆さんもきっと共感でしょう。
ところで、学園歌の終わりの“なむ”には二通りの意味があります。1つは本人の強い意志を表し、学園歌は「私は???と生きて行きます」という意味になります。もう1つは、誂(あつら)えの助詞といい、相手に対する願望を表します。こちらは「あなたは、ぜひ???と生きて下さい」という意味になります。ですから、学園歌は一首で、教わり育つ学生と、教え育む教職員の心の交流を表します。人と人の心の通い合いの和歌を相聞歌といいます。学園歌は“なむ”の魔術により、一首からなるスペシャル相聞歌です。自ら鍛え向上しようとする学生と、学生ファーストの気持ちで寄り添う教職員の思いを謳っています。さらに、学園歌は教職員の強い意志?決意も表します。「私たち教職員は、体と心を鍛錬し???と生きて行きます」ということです。学生の皆さんの伸び代を生かす教育のために、自らの伸び代を伸ばす、それが十文字の教職員です。

 これからの学びで、皆さんは学則のように社会?文化の発展に貢献できるよう、課題探求?発見?解決の力を伸ばします。その際、学則にある人間性の豊かさも忘れないようにしましょう。人間性、これは難しい概念ですが、人間という漢字が持つ「にんげん」とは別の読み方「じんかん」がヒントになります。「じんかん」は文字通り、人と人の間、つまり人間関係や世の中?社会のこと。生物学的存在であるヒトは、じんかんにより鍛えられ、社会?文化的存在へと成長します。人間性を豊かにするには、このように人間関係?世の中?社会による鍛えが大切です。学友?教職員?地域の人々のじんかんによる鍛えをとおし、豊かな人間性を育んで下さい。そこから、社会で求められる多様な人達と共に力を合わせて働く協働の力が培われます。
 皆さんの本学での学びはコロナ禍で始まります。首都圏での緊急事態宣言は終わっても、感染は拡大しています。こうした状況だからこそ、学園歌が謳う、自立した社会人として、みんなと仲良く共に生きてゆきます、この意識を一層高めて行動して下さい。中国福彩网,中国福利彩票を侮らず、怖がり過ぎず、正しく怖がり、感染しない?させないを徹底して下さい。集団としての皆さんの行動変容が、皆さん自身また社会の「健幸」、すなわち健やかで幸せを守ります。「コロナから健幸守ろう協働」で、この気持ちで取り組んで下さい。これは入学早々の皆さんにとって大切な鍛えです。鍛えは辛く厳しいですが、当て字にすると「喜多恵」となり、喜びに多く恵まれる。また、喜びを多く恵むとなります。

 皆さんが本学での学び=鍛えをとおし、喜びに多く恵まれ、また喜びを多く恵むことができますよう期待して、結びとします。あらためて、本日はご入学おめでとうございました。

中国福彩网,中国福利彩票2年度 学位記授与式式辞

十文字学園女子大学
学長 志村 二三夫


 晴れてのご卒業、真におめでとうございます。ご家族?保護者の皆様におかれましても、お慶びはひとしおと存じます。心よりお祝い申し上げますとともに、これまでの本学へのお力添え?ご協力に深く感謝申し上げます。
 学位記授与式中止の昨年度と異なり、今年度は「感染しない?させない」をモットーに高めた経験値をもとに、スペシャル方式の開催となりました。春の女神、佐保姫に連れられたキャンパスの桜の花と共に、晴れやかな皆様のご卒業をお祝いでき、教職員一同、とても嬉しく思います。
 今日はお祝いの気持ちを込めて、3つのメッセージをお贈りします。1つは「経験値」、2つ目は「十文字遺伝子」、3つ目は「鍛え」について。
 まずは「経験値」。昔から、災い転じて福となす、転んでもただでは起きない、といいます。日本は、地震、台風、水害などが多発します。しかし、人々は立ち上がれニッポンの精神で、幾度打ちのめさても、みんなが力を合わせ、協働して、立ち上がりました。このように「経験値」を高め、日本は「災害復興大国」となりました。

 皆さんの最終学年は、コロナ禍で、授業はもとより、就職活動、友達や教職員とのリアルな交流などが満足にできず、辛く厳しい一年でした。しかし、感染防御と教育効果の観点から苦肉の策で導入し、チャレンジした同時双方向の遠隔授業。学生の皆さん?教職員、初めは戸惑いの連続でしたが、徐々に慣れ、経験値を高めました。こうして得た経験値は、これからの人生100年時代?ソサイエティ5.0社会を生き抜く皆さんの力強い武器となります。これまでの日常では得難い経験値です。転んでもただでは起きない、です。これからの人生、道は長く、険しいでしょうが、災い転じて福となし、状況に負けないようチャレンジして、福を呼び寄せて下さい。
 2つ目は「十文字意伝子」について。
 皆さんが知っている遺伝子は、英語でジーンgene。生物に「生きなさい」と指示する情報を伝えます。皆さんが生きているのは、ご先祖が親から子、子から孫へと遺伝子ジーンを代々伝えてきたからです。皆さんのご先祖には、配偶者とめぐり逢い、子をつくる前に命を失った個体は、一つもありません。東日本大震災のような天変地異、飢えや病気、災害や事故、戦争などで、子を残さずに命を失うケースは計り知れません。
 こうしたケースが皆さんのご先祖には一度もありませんでした。確率的に極めてまれです。このような奇跡の証として、皆さんはこの世に生を受け、今ここにいます。文字どおり、有り難い。皆さんみんなが、奇跡の人です。これからの人生、何かの折に、ご自分がまた周りの人もみんなが奇跡の人、これを思い出して下さるとありがたいです。ご自分を、また他の人を大切にして下さい。

 ここからは「十文字意伝子」について。こちらの意伝子は、英語でミームmeme。意思や意欲の意、これを伝える「意伝子」です。意伝子ミームは、コミュニケーションをとおして脳から脳へと文化を伝えます。親から子、子から孫へと伝わるジーンと異なり、時間や空間を飛び越えて伝わり、文化の進化や突然変異を引き起こします。
 十文字意伝子の話を進めます。
 十文字では、こと先生の建学の理念に基づく高等女学校の創設以来、時代変化や環境を見据え、中学、高校、短大、幼稚園、大学、そして大学院をつくり、持続的に大きく発展し、進化してきました。来年は学園100周年を迎えます。この持続的発展?進化を支えたのが十文字の文化を育み伝えてきた十文字遺伝子ミームです。建学の理念を秘めてこと先生の脳に宿ったミームが、多くの人々とくに生徒?学生、教職員の脳に伝わりました。
 その十文字ミームが伝える最も大切なメッセージは、学園歌に謳われた「鍛え」。私は信じています。

 では、その「鍛え」。
 「身を鍛え 心鍛えて 世の中に 立ちて甲斐ある人と生きなむ」、学園歌は短歌形式31文字に、建学の理念を凝集しています。体と心を鍛え、元気を維持?増進し、社会?みんなのために役立つ人になります。という教わり育つ生徒?学生の意思や決意。また最後の助詞なむの魔術で、ぜひそうなって下さいという教え育む教職員の強い願い、その両方が込められた相聞歌です。
 皆さんは、本学での学びをとおし、卒業後の社会で生き抜く基本的な力、専門的職業に求められる知識や技能を高めました。そして、自ら鍛えることの大切さを知りました。これからの社会をよりよく生き抜けるよう、自ら鍛える力を高め、鍛え続けて下さい。
 鍛え、辛いかもしれません。しかし、当て字にすると「喜 多 恵」、つまり喜びに多く恵まれる、喜びを多く恵むです。皆さんが、自らの鍛えをとおして、喜 多 恵を実現されますよう期待し、お祈りし、贐(はなむけ)のことばの結びとします。